スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋外でヌード撮影容疑、篠山紀信氏書類送検へ(読売新聞)

 写真家の篠山紀信さん(69)が写真集用のヌード写真を屋外で撮影したとして、公然わいせつの疑いで事務所などが捜索された事件で、篠山さんが警視庁に「周囲に見られないような配慮が足りなかった」などと説明していることがわかった。

 同庁は、篠山さんとモデルの女性2人の計3人を同容疑で近く書類送検する。

 捜査関係者によると、篠山さんら3人は2008年7~9月の深夜、東京・赤坂や青山など都内の複数の屋外で、公然と裸の写真を撮影した疑いが持たれている。

 問題の写真集は、昨年1月に出版された「NO NUDE by KISHIN 1 20XX TOKYO」(朝日出版社)。墓地や結婚式場、JRの線路内でのヌード写真が約60ページにわたって掲載された。

 撮影時に通行人などから複数の110番が入るなどしたため、同庁が同11月、篠山さんの事務所や自宅など3か所を捜索、関係者から事情を聞いてきた。その結果、篠山さんは「周囲に見られないような配慮をしたつもりだったが、(配慮が)足りなかった」「騒がせて申し訳なかった」などと話しているという。

 篠山さんの写真集を巡っては、1991年6月、女優のヌード写真集について「わいせつ性が高い」として出版社が警視庁の警告を受けたことがある。

 今回の作品について同庁は、「不特定多数の目に触れる複数の場所で、公然とヌード撮影が行われていたのは明らか」として、篠山さん本人の刑事処分を求めることにしたという。

「平城京セレブのデザート」、古代の乳製品「蘇」が人気 (産経新聞)
山口・防府豪雨から半年 重源教えの湯、再開へ 住民らが石風呂復旧 (産経新聞)
<参院予算委>鳩山首相「解散・総選挙を行う意思ない」(毎日新聞)
<成人式妨害>騒ぎ、壇上を走る 容疑者5人を逮捕 秋田(毎日新聞)
<小沢幹事長>23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)
スポンサーサイト

「2010年本屋大賞」ノミネート作発表(産経新聞)

 全国の書店員がいちばん売りたい本を選ぶ「2010年本屋大賞」のノミネート作が22日、発表された。村上春樹さんの「1Q84」や夏川草介さんの「神様のカルテ」など10冊が選ばれた。

 対象作品は、平成20年12月1日~21年11月30日の間に刊行された日本の小説。全国323書店の385人が投票し、上位作品がノミネートされた。4月20日に大賞が発表される。

 ノミネート作は次の通り(作品名50音順)

 村上春樹「1Q84」(新潮社)▽夏川草介「神様のカルテ」(小学館) ▽三浦しをん「神去なあなあ日常」(徳間書店)▽有川浩「植物図鑑」(角川書店)▽東野圭吾「新参者」(講談社)▽冲方丁「天地明察」(角川書店)▽小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」(文芸春秋)▽藤谷治「船に乗れ!」(ジャイブ)▽川上未映子「ヘヴン」(講談社)▽吉田修一「横道世之介」(毎日新聞社)

【関連記事】
松たか子、復讐鬼に挑戦…小説「告白」映画化
文庫の中から書店員が選定…広がる!ご当地本屋大賞
現場が選ぶ「大賞」人気 本屋、映画館に続きCD店も
本屋大賞 書店員が売りたい本は売れる? 業界は“お祭り効果”期待
本好きが面白がって本を売る 千葉の「酒飲み書店員の会」

巨人加治前選手、野球用具盗まれる=駐車中の車から-神奈川(時事通信)
<郵政改革法案>素案固まる 郵貯上限引き上げで金融業強化(毎日新聞)
年金運用の見直し必要=原口総務相(時事通信)
<政権公約を実現する会>「政治団体」として届け出の方針(毎日新聞)
<鹿屋市長選>会社社長の嶋田芳博氏が初当選(毎日新聞)

<糖尿病>中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」(毎日新聞)

 肥満ではない40~60歳代の3人に1人が「将来、糖尿病にならない」と誤解していることが、製薬会社「ノボ・ノルディスク・ファーマ」の調査で分かった。日本人は肥満でなくても糖尿病になる人が多く、糖尿病予防には、体形だけで判断する「誤解」の解消が求められそうだ。

 調査は昨年12月、40~60歳代の健康な男女1200人にインターネットで実施した。

 糖尿病になりやすい体形を聞いたところ、49.7%が「太っている人」と答え、「体形は関係ない」(43.8%)を上回った。

 1200人のうち肥満度を示す体格指数(BMI)が25未満の太っていない男女600人に「将来、糖尿病になる可能性」を聞くと、36.3%は「ない」と受け止めていた。

 日本人は血糖値を抑えるホルモン「インスリン」の分泌能力が低い人が多く、標準体重以下の患者も多い。だが、標準体形ややせ形でも糖尿病になりやすいことを知っている人は38.8%だった。

 08年度に始まったメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に注目した健診制度では腹囲が注目され、やせていれば血糖値だけ高めでも指導対象にならない。ところが調査では、健診で糖尿病の疑いを見逃す可能性があることを知らない人も66.6%に達した。

 大西由希子・朝日生命成人病研究所治験部長は「自分は大丈夫と思っても、過食や運動不足で糖尿病になる可能性はある。医療機関できちんと検査を受けてほしい」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査
糖尿病講座:(21)経口血糖降下薬治療
糖尿病講座:(20)運動療法の進め方
糖尿病
糖尿病:「2型」非肥満、リスク2.5倍に 遺伝子変異で

<第2次補正予算案>成立へ 鳩山首相、守りで“逃げ切り”(毎日新聞)
峰崎財務副大臣が引退へ=参院選、後継に新人擁立-民主道連(時事通信)
中学の学力試験で教諭が不適切行為 足立区(産経新聞)
<花粉>2月上旬~中旬ごろから飛散 量は少なめ…気象協会(毎日新聞)
聴覚障害の裁判員候補者に手話通訳準備せず(読売新聞)

取り調べテープを再生=菅家さん「自白」、任意性検証-足利事件再審公判(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的になっている菅家利和さん(63)の再審第4回公判が21日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれた。足利事件と別の2女児殺害事件(未解決)で、菅家さんが検事の調べにいったん虚偽の「自白」をした様子を録音したテープを再生し、供述の任意性を検証した。取り調べテープが法廷で調べられるのは極めて異例。
 2事件で菅家さんは不起訴となった。地裁は22日までの公判でテープ4本を再生し、担当だった森川大司元検事の証人尋問を行う。21日午前は、森川元検事が足利事件初公判前の92年1月28日、菅家さんを調べた時の録音テープが再生された。 

【関連ニュース】
菅家さん、故郷で除夜の鐘=釈放後、初の年越し
当時の鑑定「ミス見当たらない」=DNA型で科警研所長が証言
菅家さん、足利市民とハイキング=「自由になった感じ」
布川事件の再審開始確定=「自白疑問」の高裁判断支持
1位は「政権交代」=社会部長が選ぶ10大ニュース

温灸器「どんな病気にも効く」販売の会社捜索(読売新聞)
政治家、秘書と「同罪」ではない=鳩山首相(時事通信)
時効見直し、8割超が支持=凶悪犯罪で法務省が意見募集(時事通信)
<日教組>教研集会開幕 文科省政務官が59年ぶりに出席(毎日新聞)
5千万円授受の翌営業日、陸山会口座に同額入金(読売新聞)

社民党、参院選で日森、大川両氏を公認(産経新聞)

 社民党は21日午前の常任幹事会で、参院選の埼玉選挙区(改選数3)に前衆院議員の日森文尋氏(61)、大阪選挙区(改選数3)に司法書士の大川朗子氏(52)を公認候補として擁立すると決めた。いずれも新人。

【関連記事】
参院選大阪選挙区 社民は大川朗子氏擁立
社民がグアムと硫黄島を視察へ 普天間移設で
通常国会における衆参両院の勢力分野
福島氏、名護市長選は「負けられない選挙」
福島瑞穂氏「国民の信頼回復を期待」

「真価問われる」民主・輿石氏が結束呼びかけ(読売新聞)
日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)
「つくる会」藤岡会長の上告棄却(産経新聞)
自民党 青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
党は冷静対応を=小沢氏団体事件、検察批判に-首相(時事通信)

復元運行決定のSL「C61」、修復作業に向け搬出 群馬(産経新聞)

 JR東日本が走行可能な状態に復元することを決めた、群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地に展示中の蒸気機関車「C61形20号機」を、さいたま市の車両工場に向けて搬出する作業が19日、行われた。

 C61形は国内に3両しか現存しない蒸気機関車。「20号機」は昭和24年に製造され、東北線などで活躍後、48年に現役を引退。49年から同遊園地に展示されていた。

 この日の作業では、運転室部分、台車部分など3つに切り離された総重量約100トンの車体を、クレーン車で引き上げたのち、トラックで搬送。大勢の鉄道ファンも見守るなか、約36年間過ごした公園と別れを告げた。

 JR東日本高崎支社によると、今後はさいたま市大宮区の大宮総合車両センターで、約1年かけて車体を整備。来年春以降、上越線高崎-水上間などで走行予定という。

 同遊園地の嘉藤昌宏園長は「男の子に大人気の車両だった。さびしい気持ちもあるが、往年の元気な姿を見せてほしい」と話していた。

【関連記事】
地中から「幻の鉄道トンネル」見つかる 大阪・柏原市
SLと新幹線が競演
国交相が機関士気分満喫 秩父のSL「動かしたい」
新潟駅~えっ!0系?丸顔の新幹線からお化けイカまで
財政難で「デゴイチ」解体処分へ 鳥取・大山

臓器移植 範囲は親子・配偶者 親族優先提供開始へ 厚労省指針(産経新聞)
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず(産経新聞)
<仏教伝道文化賞>画家、佐久間顕一さん…芸術分野で受賞(毎日新聞)
小沢幹事長 厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
菅副総理は外国人参政権に賛成 通常国会提出は明言せず(産経新聞)

所得税法違反容疑 「借りたカネは返すな!」の社長ら逮捕(毎日新聞)

 さいたま地検特別刑事部は14日、東京都千代田区のセントラル総合研究所社長、八木宏之容疑者(50)=文京区本郷2=と同社元専務、森田耕一郎容疑者(54)=台東区駒形1=を所得税法違反容疑で逮捕した。

 容疑は、2人は同社の顧客と共謀し、顧客が所有する土地と建物を売却した際、その売却益の一部を隠して約3400万円の所得税を免れたとしている。

 八木容疑者は02年に出版した共著「企業再生屋が書いた借りたカネは返すな!」がベストセラーとなったことをきっかけに、経営コンサルタントとして活躍していた。

首相の「どうぞ闘って」に不見識・不用意と批判(読売新聞)
ハイチに500万ドル緊急支援=政府(時事通信)
小沢幹事長、党大会で検察批判「納得できない」 (産経新聞)
<外国人地方選挙権>閣内の足並み乱れ(毎日新聞)
滋賀・草津にイチゴ香る商店街 立命大構想 空き店舗に栽培工場(産経新聞)

<北沢防衛相>インド洋撤退命令 給油活動終了(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は15日午前、新テロ対策特別措置法の失効に伴い、海上自衛隊に対し、インド洋の給油活動からの撤退命令を出した。現地の部隊が日本時間の同日午後に最後の給油を行った後、一時中断を挟み約8年続いた活動は同16日午前0時に終了する。

 01年9月の米同時多発テロを受け、政府は同10月、旧テロ対策特措法を成立させ、同12月に活動を開始した。07年11月には、参院で第1党になった民主党などの反対で同法が失効し、一時中断。08年1月の新テロ対策特措法制定によって同2月に活動を再開した。

 しかし、民主党が新旧テロ対策特措法に反対してきた経緯もあり、鳩山内閣は新テロ対策特措法の期限である15日を最後に撤退を決めていた。現在は7次隊となる補給艦と護衛艦、部隊約340人が現地に派遣されている。海自はこれまでに米英、パキスタンなど計12カ国に計938回、約51万キロリットルの給油を行った。【仙石恭】

【関連ニュース】
鳩山首相:日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示
武器輸出三原則:首相「堅持すべき」防衛相発言を否定
普天間移設:合意見解修正 防衛省が沖縄に理解
与那国町長:陸自部隊配備を要望 防衛相「検討課題」
防衛相補佐官:西元氏の起用承認

【中医協】他施設の外来受診日は入基料3割減-厚労省が通知へ(医療介護CBニュース)
NHKのエスカレーターで転倒、中学生8人軽傷(読売新聞)
160区間の割引切符を廃止=「東京-青森」回数券など-JR東(時事通信)
心のケア担当教員、今年度限り=被災世代が中学卒業-存続求める声も(時事通信)
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁(産経新聞)

不動産取引で26億円所得隠し=銀座のビル売買めぐり-会社社長ら逮捕・東京地検(時事通信)

 東京・銀座のビル売買で得た約26億円の所得を隠し、約8億円を脱税したとして、東京地検特捜部は20日、法人税法違反容疑で、不動産会社「湊開発」(東京都港区)の実質経営者中村こと張富夫(60)、同社社長の坂元秀之(53)両容疑者を逮捕した。 

福島党首「正直びっくりした」 小沢氏側への捜索で(産経新聞)
挑発すり男逮捕…「俺はやらないよ」と当日電話(スポーツ報知)
<強風>屋上タンク落下、薬品飛び散り3人けが 東京・上野(毎日新聞)
<浅川マキさん>ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)
OBら関係者それぞれに責任=日航法的整理で鳩山首相(時事通信)

<派遣村>閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)

 失業者の年末年始を支援する国と東京都の公設派遣村が18日閉所した。生活保護を受給してアパートなどに入居した利用者らを除く264人が、都の日雇い労働者向け宿泊施設「なぎさ寮」(大田区)から送迎バスに乗り込み、それぞれの行き先に向かった。

 公設派遣村は昨年12月28日に渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで開所。今月5日からなぎさ寮で支援が継続された。都によると、17日までに登録者562人のうち419人に対し、生活保護や住宅手当など区市の支援が決定。ほかにハローワークの就職安定資金融資を受けた人が1人、就職や帰郷による自主退寮が28人、寮内での飲酒による強制退寮が2人、死亡が1人。111人が所在不明になっている。18日までなぎさ寮に残った利用者はバスで近くの駅まで送られ、入居するアパートや住居が決まるまでの一時滞在場所として区市が準備したカプセルホテルへ向かった。

 「今日から自分の部屋で安心して眠れる」。マンガ喫茶から日雇いの仕事に通う生活を続けてきた男性(30)は、江東区で生活保護を受けることが決まり「早く仕事を見つけたい」と話した。54歳の男性は「困った人が来年も支援を受けられるよう、恩返しのつもりで頑張る」。住居が定まり介護関係の就職を決めた男性(54)は「何割かは自立を果たしている。こういう事業は重要だ」と話した。

 昨年の派遣村村長で今回は内閣府参与として事業にかかわった湯浅誠さんは「労働行政を担う国と福祉行政を担う自治体の関係など問題点もあった。低家賃住宅の確保と通年の支援体制の強化が課題だ」と話した。【市川明代、東海林智】

<日米外相会談>同盟深化協議を開始へ 普天間移設は平行線(毎日新聞)
<強盗>2人組の男110万円奪う 山梨県都留市の牛丼店(毎日新聞)
意地の特捜部、対決姿勢の小沢氏(産経新聞)
雪の三沢飛行場、日航機立ち往生2時間余(読売新聞)
女高生に下半身露出=容疑で23歳男逮捕-警視庁(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。